2010年11月29日月曜日

シャンソンの第一人者 故 吉川肇さん

17年前の我が松原アコーディオンクラブのコンサートに、ゲストとして出演していただいた吉川肇さん。

今はもう他界され、二度と生では聴くことができなくなりました。

故吉川肇さんは松原市内にお住まいで、そのご縁で松原アコのコンサートにお越しいただきました。簡単なその場の打ち合わせだけで、吉田親家氏とのデュエットをしていただいたり、アンコールに即座に応えて数曲弾いていただいたり…。

当時、日本ではシャンソンの第一人者。「右に出る者はいない」すばらしいプロ奏者でした。

今日、VHSからDVDにダビングしました。全部をご紹介できませんが、貴重な映像をごらん下さい。氏のアコは、めずらしいピアノ式の「ピエールマリア」。パリで買ってこられた逸品です。

曲は有名なものなので、たぶん一度はお聴きになったことがあると思います。
直前に吉川肇氏と吉田親家氏がぱっと打ち合わせしただけの重奏の一部と、アンコールに応えての演奏のみ紹介します。

video
video video

video
編集がマズくて、音がかなり劣化したり割れてしまいました。素敵な演奏を台無しにしてしまい、「天国」の吉川肇氏に申し訳なく思います。

すばらしい演奏は、吉川肇氏の「思い出のシャンソン」などのCDで聴いていただくしかありません。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿