2011年5月21日土曜日

羽曳野市退職教職員の会

当麻寺のすぐ近くにある現職教師のNさんが所有する「別荘」をお借りして、羽曳野市退職教職員の会のパーティー(同窓会のようなものです)が開かれました。昨年、初めてその会に仲間入り。今回は人数が少なかったのですが、昔話や今の教育のこと、東日本大震災のこと…、話題は尽きません。

お借りした「別荘」は二上山の麓で、当麻寺のすぐ近く。
左下、車の停まっている家

当麻寺の東塔と西塔がよく見えます

今回は「海鮮」バーベキュー。魚をさばくことなど下ごしらえはY氏が。料理の腕前は一級品でアリマス。豆ご飯のおにぎりやイチゴ、サクランボなどの差し入れもありました。私は焼かれた魚やその他の料理をもっぱら食べる役。

昼間から発泡酒とビールでいい気分に。久しぶりにシャベリタイことを思うがままにシャベリ、楽しい時間があっと言う間に過ぎていきます。
まずは、乾杯

魚、イカ、タマネギ、ジャガイモ…



私をいれて11人
 
 もちろん楽しい話ばかりではありません。病気で手術したこと、若くして亡くなられた方のこと、家族の介護のこと…。でも、どの方もいろんな活動をされながら、充実した退職後の生活を送られています。

秋の再会を誓って、オヒラキに。私を含め3人で当麻寺の西南院で住職をされている大先輩のところへ。3月4日のブログで紹介した住職です。ボタン祭りと5月14日の「練供養会」という大きな行事を終え、私たちが訪れたときは参拝客がチラホラ状態。

西南院のボタンはすでにせん定されていて 、咲いていた主な花はシャクナゲとシャクヤク。

住職は庭で作業をされているとお聞きし、庭園へ。この庭園には有名な水琴窟があります。聞き取りにくいかもしれませんが動画を撮りました。音量を上げてお聴き下さい。
 video

次回はもっと多くの仲間が集まることを願っています。
いつもありがとうございます。応援クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

4 件のコメント:

  1. 気の合った仲間の皆さんとのたべ会・兼ダベリ会。楽しいひと時
    が過ごせたようですね。いつも感心すること?ですが手や体を動
    かすよりも専らたべ役、しゃべり役とお口が大いに活躍する貴君
    ではアリマス。その点ワタクシメと瓜二つ(似ていることの例え
    にこんな使い方はしませんね)でアリマス。気心の合うお互い二
    人でアリマス。今後ともガンバリましょう。

    返信削除
  2. MR.BONさんへ

    コメントをいただき、ありがとうございます。

    先生とちがうことはいっぱいありますヨ。
    まずは、当たり前のことですが、アコーディオンのレベル。雲泥の差とはまさに先生と私のことを表現するためにできた言葉のような気がします。
    二つ目は、アツカマシサ。控えめなのはもちろんワタクシ。
    西アコでの先生の駄洒落に勝てるものはオリマセン。今年もそれだけを楽しみにしてオリマス。

    失礼極まる菊政より

    返信削除
  3. 水琴窟すご~いですね!
    なんとも妙なる音です

    チンでも無し、ポンでも無し
    フライパンの小さいのを綿棒でたたいたような

    はたまた横山ホットブラザーズののこぎり音を高くしたような

    あの大きさの石でどうしてあれだけの残響があるのか不思議です

    返信削除
  4. fumiさんへ

    コメント、ありがとうございます。

    あの音は西南院の「庭園」で聞いてこそ。あの素敵な庭を眺めながら静寂の中であじわってこそ(ナーンチャッテ)。

    ぜひ一度でいいから訪問されることをおすすめします。

    返信削除