2011年4月9日土曜日

山本汎昭:アコーディオンの調べのひととき

三重大学教育学部(音楽科)で対位法、編曲法等を学び、中学校の音楽や英語教師を勤められ、退職後はアコーディオンでボランティア活動をされている山本汎昭(ひろあき)先生。

東大阪市・大阪市を中心に老人保健施設や特養などでほぼ毎日、訪問演奏をされています。また、各地でうたごえ喫茶の伴奏者としても活躍されています。毎年夏に行われている「西日本アコ仲間のつどい」では、吉田親家先生らとともに「講師」として指導していただいています。

その山本先生が毎月第2土曜日の午前、「アコーディオンの調べのひととき」という集いを開いておられることを聞き、今日初めて近鉄「若江岩田」駅前の希来里(きらり)5Fミニ音楽ホールへ行ってきました。

30分近く遅れて会場に着いたのですが、タイミングの悪いことに曲と曲の合間だったのです。山本先生独特のユーモアで「今、着かれたのは、奈良から参加されたキク○○さんで…」と紹介され、しどろもどろ…。

「アコーディオンの調べのひととき」は今回で58回目。ソロ演奏が7曲、歌伴奏が7曲というプログラムでした。私が知っている歌は、1曲だけ。「進駐軍」や「ギブミーチョコレート」を知る世代向け? 確かに、参加されている方は私より一世代上以上に見えました…(失礼)。

歌伴奏を2曲紹介します(一部分だけですが)。山本先生はメロディーに、前奏やおかず、間奏などを即興でつけながら弾いておられます。歌い手が分かりにくいところは、歌いながら…。

「黒いパイプ」

「ふるさとのはなしをしよう」

独奏曲の中から、有名な「ラ・クンパルシータ」。これも一部分だけ紹介します。

午後は、私の知り合いが働く老人施設へ行かれるとのこと。空いている日がほとんどないという山本先生。目標(おこまがしいデスガ)とする、あこがれのアコーディオン弾きです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

6 件のコメント:

  1. 今日は私の演奏会にお越し下さって有難うございました。演奏や参加者が歌う様子等を手早く録音・撮影され編集される手際のよさに感心しました。
    この例会は6月のみ第2日曜ですが、他の月は第2土曜です。時間はいずれも朝10時から11時半頃までやっております。今回歌伴では貴君のなじみ薄い曲が多かったようで残念でしね。次回からは小学校1年生用のみの曲で構成しましょうか?
    (んなアホな) MR. BON こと 山本汎昭

    返信削除
  2. 山本先生へ

    さっそくのコメント、ありがとうございます。
    今日、先生のスゴサを再認識させられました。

    今はまだアコを弾けない状態ですが、弾けるようになったらアコ伴奏の勉強にも力を入れたいと思います。

    返信削除
  3. ふるさとの話をしよう…懐かしい唄です。
    ボクの青春時代の唄です。北原謙二さんでしたかね。

    西郷輝彦、舟木和夫、三田明、美樹克彦、フランク永井、佐川光夫、書き切れませ~ん。(爆)

    山本さんが目標なんですか、頑張って下さいね。
    村の往復、傑作ポッチ~んです。(^o^)/

    返信削除
  4. ニトベンさんへ

    歌手の名前、全部知っています。
    「青春時代」ではありませんので、私の方が少し若い?

    返信削除
  5. 山本先生、退職後のアコーディオンボランティア演奏活動、素晴らしいですね。
    退職されるまでの音楽のご経歴を拝見して納得。
    いやぁ、凄いです。
    てるおには、真似の出来ない演奏活動です。

    返信削除
  6. てるおさんへ

    移調も即OK
    コードがついてなくても即OK
    おかずも即OK

    まあ、すごいヒトです
    弱点は…口の悪いとこ(山本先生にこのコメントが見つかりませんように…)

    返信削除